発掘!オールディーズ

懐かしい名曲のライブ盤やカバー盤など秘蔵盤をピックアップしました。

ビバップ・ルーラ / 雪村いずみ

今回はかなり珍しい曲を見つけました。「ビーバップ・ア・ルーラ」と言えば、元祖ロックンローラーと言われたジーン・ヴィンセントの代名詞のような曲ですが、なんとあの雪村いずみが「ビバップ・ルーラ」と言う曲名でカバーしてました。

f:id:rockinhero:20200408095711j:plain

雪村いずみと言えば、美空ひばり江利チエミと組んでだ初代3人娘のひとりです。青いカナリヤ、遥かなる山の呼び声などが有名です。


「ビー・バップ・ ア・ルーラ は」はアメリカのロカビリー・バンドであるジーン・ヴィンセント& ヒズ・ブルー・キャップスが1956年に発表、彼のデビューシングルとなり、全米シングル・チャートは9位にランキングされmさした。


ジョン・レノンポール・マッカートニーの二人もこの曲に対する思いがあったようで、ビートルズ解散後にジョンとポールもそれぞれこの曲をカバーしています。世界のアーティストに愛された曲です。

 

ゴールデン☆ベスト 雪村いづみ アーリー・デイズ

 

〈参考〉
♪オリジナル盤(ジーン・ヴィンセント
https://www.youtube.com/watch?v=2HKaXKOifMI

 

♪ロカビリー盤(平尾昌晃)
https://www.youtube.com/watch?v=DjwgvLfO1ho

アーティスト伝説 / コニ ー・フランシス

f:id:rockinhero:20200405133448j:plain


コニー・フランシスは11歳の頃からショーに出演し、1955年に「Freddy」で歌手デビューしましたが、しばらくヒット曲は出ませんでした。


1958年にリリースされた「Who's Sorry Now?」が大ヒットしてからは、1960年代前半にかけてヒット曲を連発しました。1961年には「Together」がヒットし、ビルボード誌のアダルト・コンテンポラリーのシングルチャートで女性歌手としては初めて1位を獲得しました。


女性初のロックンロール歌手と言われ、さまざまなジャンルの曲を歌った。日本語、ドイツ語、ユダヤ語など、15の外国語でのレコードを吹き込んでいる。


1974年11月8日、ウエストベリー音楽フェアに合わせてニューヨーク市内でホテルに滞在中、突如客室内に不法侵入した黒人の男から強姦被害を受けた。その後、安全性を確保しなかったとして、彼女はホテルチェーン側を提訴し、約300万ドルを支払うよう判断が示された。


これまで4回結婚離婚歴があり、最近では、TV プロデューサーの Bob Parkinsonと結婚および離婚をしている。


世界各国でヒット曲がカバーされており、日本では森山加代子、弘田三枝子中尾ミエ伊東ゆかりなどがカバーしヒットしたことで知られていまsy。

 

【主な楽曲】

f:id:rockinhero:20200404133518j:plain

・ダンケ・シェーン
ボーイ・ハント
・ヴァケイション
・ 夢のデイト
・ 渚のデイト
・ 可愛いベイビー
・カラーに口紅
・ 大人になりたい
・明日を忘れて
・間抜けなキューピッド
・マイ・ハピネスb
・想い出の冬休み


【出演映画】

f:id:rockinhero:20200405133513j:plain
ボーイハント(1960年)
・ 渚のテート(1963)
・ハートでキッス(1964)
・青空のデート(1965)

ブルーベリーヒル / ブレンダ・リー

カントリーの名曲として、数々の歌手に愛され歌われてきた「ブルーベリーヒル」。その殆どがスローなブルース調でしたが、その曲をダイナマイト娘と呼ばれていたブレンダ・リーが軽快なロックに変えて歌っていました。


「ブルーベリーヒル」は1956年にファッツ・ドミノが歌ってビルボード2位になったことでスタンダード・ナンバーとなった。オリジナルは41年にジーン・オートリーが映画の挿入歌として歌い、同年に録音されたグレン・ミラーのバージョンが40年代では最も有名だった。


ファッツ・ドミノは1949年のルイ・アームストロングのバージョンを元にしたとi言われている。ファッツ・ドミノのカバーは彼の最大のヒットとなり、世界中で500万枚以上のレコードを売り上げた。

 

ブレンダ・リー イン・コンサート PSD-520 [DVD]

 

〈参考〉
♪オリジナル盤(ジーン・オードリー)
https://youtu.be/tdJSBtuS0oc

♪初期ヒット盤(ファッツ・ドミノ
https://www.youtube.com/watch?v=bQQCPrwKzdo